• about
青木友里

1984年生まれ。
2005年大阪文化服装学院・ファッションビジネス学科卒業。
販売員を経てアンティークのレース、紅茶染めにこだわったアクセサリーを中心にミシンを使わない手法で縫い合わせた
着ることのできないハンドメイドドレスを制作。
2013年"cell division"(細胞分裂)をコンセプトに、パールの持つ概念を超えるデザインのアクセサリーを提案。
またアクセサリーに落とし込むまでの考えをインスタレーション作品として表現している。


yuri aoki

Born in 1984
Graduated from School of Fashion Business at Osaka Bunka Fashion College in 2005.
After working as a sales person, she has worked on making tea-dying accessories and unwearable hand-sewn dresses without using a sewing machine.
In 2003, she has presented a design with the concept of "cell division," going beyond the general notions of accessory and pearl.
Also, she creates artworks embodying her initial ideas before turning them into accessories.